【公式】Musica Panenka

チェコ音楽の祭典
**コンクール2024**

主催:一般社団法人日本チェコ楽友協会


応募受付は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

2024.2.29


「Musica Panenka」はチェコのピアニストJan Panenka氏(1922-1999)の名を冠したプロジェクトです。このプロジェクトは音楽を志す若い世代がチェコの音楽作品を通じて世界へとつながるよう支援し、また多くの方々がチェコ音楽に親しみを持ち、交流を深めていただくことを目的に活動しています。パネンカ氏のご子息にもご賛同いただき、生誕100年を迎えた2022年、初めて「チェコ音楽の祭典」を開催しました。 


※2024年開催から「チェコ音楽の祭典 コンクール」に名称が変わります 

Rudolfinum in Prague

↓チェコ音楽の祭典2023表彰式↓

コンクールの特徴

審査選考会

1次審査:ホール対面審査(名古屋)
2次審査:動画審査(チェコ)

1次審査と2次審査で入賞者を決定
入賞者はファイナルステージ進出

※動画審査については、対面審査の際、主催者側で収録した動画を使用

ファイナルステージ

宗次ホール開催



コンサート形式一般公開審査


お客様投票による
オーディエンス賞 など

講評

参加者にチェコ教授陣から
コメントが届く(翻訳付き)

賞・賞金

ファイナルステージ出演者に多彩な賞を授与
 

グランディオーソ部門に賞金授与

審査員(予定)

映像審査:ミラン・プクリツキー(音楽プロデューサー)

Milan Puklický

映像審査:イヴォ・カハーネク(ピアノ)

Ivo Kahánek

映像審査:ヴラディミール・ホリー(ピアノ)

Vladimír Hollý

映像審査:イジー・ヴァレンタ(コントラバス)

Jiří Valenta

映像審査:トマーシュ・フランチシュ(ファゴット)

Tomáš Františ

映像審査:ロマン・ノヴァーク(フルート)

Roman Novák

映像審査:カテジナ・ヤヴールコヴァー(ホルン)

Kateřina Javůrková

映像審査:カテジナ・パヴリーコヴァー(サックス)

Kateřina Pavlíková

映像審査:イゴール・フランチシャーク(クラリネット)

Igor Františák

映像審査:ヴラディミール・フメロ(バリトン)

Vladimír Chmelo

映像審査:日向野 菜生(ソプラノ)

Nao Higano

対面審査員長:北垣 紀子(ヴァイオリン)

Noriko Kitagaki

対面審査:伊藤仁美(ピアノ)

Hitomi Ito

対面審査:寺田 史人(ヴァイオリン)

Fumihito Terada

対面審査:榊原 利修(コントラバス)

Toshinobu Sakakibara

対面審査:大嶋 義実(フルート)

Yoshimi Oshima

対面審査:森 雅史(声楽)

Masashi Mori

対面審査:小林 史子(声楽)

Fumiko Kobayashi

対面審査:岡野 公孝(ファゴット)

Kimitaka Okano

対面審査:水谷 仁美(オーボエ)

Hitomi Mizutani

対面審査:榊原 祐子(ピアノ)

Sachiko Sakakibara

名誉審査員長:ヴァーツラフ・レメシュ(ヴァイオリン)

Václav Remeš

映像審査員長:ミハル・カニュカ(チェロ)

Michal Kaňka